www.waslost.org

-

-

自動車を買い取ってもらう際や、さらに愛車の下取り時も印鑑証明という書類が必要になってきます。この印鑑証明という書類について説明していきます。印鑑証明とは、実印であるということを保証するための公式な書類です。これがないと使っている印鑑が実印で間違いないかどうかが裏付けられません。高額な商談になる車両の売買なので、必然的に実印が必要になりますが、その際に印鑑証明という書類が要るのです。役所で印鑑証明を交付してもらうためには発行前に印鑑証明をする必要があります。印鑑証明書に登録するはんこは正式には実印と呼ばれていて、唯一無二のハンコでなくてはなりません。実印を持ってお近くの市役所などの案内係へ出向けば、印鑑登録をすることができます。手続きが済むと印鑑登録カードなるものが交付され、そのはんこは実印として使えるようになったということになります。印鑑証明を交付してもらうためには、市役所などの担当部署へ出向き専用の用紙に必要項目を書き込んで、印鑑登録カードを出すだけです。そして、自動交付機を使って印鑑証明を交付してもらうことができます。印鑑証明そのものには有効期限はありません。ですのでどれだけ前の印鑑証明でも印鑑証明としての効力はあるということです。しかし自動車売却のときには印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。通常は期限を定める必要はないですが車の買取の時は店側が期限を教えてくれるので、仮に車両の買取を予定しているのならば、準備しておくことが望ましいです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.waslost.org All Rights Reserved.