www.waslost.org

-

-

自動車重量税、別称重量税とは国産自動車もしくは外国の車という愛車の国や電気自動車、1BOX車など車の形も全て同じでレクサスやボルボ、等にも変わりなく納付しなくてはいけないものなんです。新車登録をするさい、あるいは車検の場合に支払う必要がある税金なのです。その税額はその自動車の重量毎に決められています。「自動車重量税」と「自動車税」では完全に違うもののためきちんと理解をして混同しないようにする必要があります。「自動車重量税というものはクルマの重さによって」「自動車税というものは車の排気量によって」金額が異なります。また売却する時の扱われ方違いますから注意しましょう。車を買い取ってもらう際には支払い済みの税金がどれだけ残っていても、その金額が戻ってくるということはないです。一方で自動車税の時は既に納めた金額を査定額に上乗せしてくれるという事例があるものの、重量税に関しては上乗せされるような事例はほとんどないのです。重量税は自動車の処分時に支払い済みの額があると言っても中古車買取店にてそのことが忖度される場合はほとんどないと思います。ですので次回の支払い、つまり車検まで売らずに待ってから売るという方法がベストです。中古車の売却時は戻ってこない重量税でも、一定の条件の事例では返ってくる可能性があります。これに当てはまるのは車検が残ったままの廃車にする際です。というのは廃車登録をした時に、残っている車検期間に従って金額が返金されます。ですが、中古車の買取の際はその自動車が廃車になるわけではないので返金されません。さらに、売却する自動車の名義変更をした時や、盗難被害に遭った時なども還付してもらうことは不可能です。重量税の残存期間がある自動車を買い取ることは要は車検が残っている自動車ということと同じです。それを買取側も忖度しますから、自動車重量税が残存していれば売却額が上がるでしょう。もちろん、査定額は買取業者によって変わりますが、車検の効力がまだあるということを考慮していただければ手放す車の査定額からみるとそこまで損をするということもありません。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.waslost.org All Rights Reserved.